戸村美術個展にて。『蝉の音』(山種美術館収蔵)の前に立つ作者 /Photo 阿部修二/1996年

KITAMURA Sayuri.jp

『サライ』2019年5月号「半島をゆく」の挿画

『サライ5月号』の「半島をゆく」(p77~80)文・安部龍太郎、解説・藤田達生、挿画・北村さゆり。
第17話。西彼杵・島原半島ーその④「天正遣欧少年使節」

藤田先生の解説と、北村さゆりの取材スケッチと雑感は、こちら→ サライ.jpをご覧ください。

─ 2019年4月19日(金)

NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年5月号

NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年5月号NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年5月号 →

宇多喜代子先生の「昭和のくらしと俳句」、井上弘美先生の「今日ごよみ歳時記」。
5月号は「八十八夜」と「筍」。
兼題のページには白黒で載ってますが、原画はカラー。テキスト目次には、カラーが採用されてます。
ぜひ、ご覧ください。

─ 2019年4月17日(水)

展覧会のお知らせです。

「酒呑童子(今村翔吾著)『童の神』」      直径31㎝ 水彩画

4月8日をもって無事に終了いたしました。
お越しいただいた方々、来られなかったけど、気に留めてくださった方々、ありがとうございます。
今後も精進してまいります。北村拝

「E.O 展 ~多摩美出身作家~」

 

E.O 展開催にあたって

日本橋三越本店では 3 回目となる、多摩美術大学出身者によるグル―プ展を開催いたします。 世代は違えども同じ学び舎で腕を磨き、卒業後さまざまな分野で多岐にわたり活動を続ける作家 25 名の作品を一堂に展覧いたします。 異なるステージで存在感を放つ、多摩美卒業生たちの競演をご高覧ください。

日本橋三越本店

会期;4/3(水)〜4/8(月)
時間;10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
会場;日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊
電話:03-3241-3311(代表)

4月6日14時〜ギャラリートーク。
北村は欠席です。

多摩美卒業生たちの多彩な顔ぶれの展覧会です。
北村の出品作品は、日本画でなく、水彩画です。
そして、これは『童の神』のカバー原画ではありません。原画はこちら
原画作成時に、同じ図柄を、二種類の紙“水彩紙”と“和紙”で描き始めました。結局、水彩絵の具で限りある時間で描くカバー原画は水彩紙で完成させました。なので、衣装の柄が少し違いますが、こちらは私が描く「酒呑童子」として、陽の目を見ることとなりました。
お近くにお越しの際、お立ち寄りいただけると幸いです。

サムネールをクリックするとフライヤー画像が大きくなります。

 

─ 2019年4月1日(月)

「Vivle2019-日常の煌めき」展のおしらせ。

春の小川  直径18cm

 2019.04.01追記
2019年3月30日を持ちまして終了いたしました。

初日から多くの人に足をお運びいただき、出品者、主催者共々充実した思いで会期を終えることができました。
来ていただいた皆様、気に留めてくださった方々、本当にありがとうございました。10年間の7回目の展示でした。今後も精進して参ります。北村さゆり拝

Vivle2019-日常の煌めき」展

日本画展。
共通のお題は「さくらさくら」。
それぞれの表現をお楽しみいただけると思います。

出品作家:越畑喜代美・松谷千夏子・丸山友紀・山田りえ・北村さゆり

お近くにお出かけの際は、是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。



会期;3/17(日)〜3/30(土)
時間;11:00〜19:30(土、日、祝日は18:30まで)
会場;シルクランド画廊
電話:03−5568−4356

サムネールをクリックするとフライヤー画像が大きくなります。

 

─ 2019年3月16日(土)

NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年4月号

NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年4月号NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年4月号 →

新年度になって少しだけ変わりました。
宇多喜代子先生の「昭和のくらしと俳句」、井上弘美先生の「今日ごよみ歳時記」。
それぞれにその月の兼題があり、そのカットを担当することになりました。
4月号は「たんぽぽ」と「落花」。
兼題のページには白黒で載ってますが、原画はカラー。テキスト目次には、カラーが採用されてます。
ぜひ、ご覧ください。

 

─ 2019年3月16日(土)