戸村美術個展にて。『薫る木立』(練馬区立美術館寄託)の前に座る作者/Photo 阿部修二/2003年

KITAMURA Sayuri.jp

月刊誌〈ひととき〉6月号の挿絵。

『ひととき6月号』(ウェッジ発行)。連載中の西山克先生の「中世不思議ばなし29」の挿絵です。

歴史資料から読み解く西山先生の不思議話は興味深いものです。
今号は【伝源頼朝像  兄弟のはざま】

京都高雄山神護寺に伝来の“伝源頼朝”、“伝平重盛”、“伝藤原光能”の国宝の三像の絵画。ところが、1995年に米倉迪夫氏の『源頼朝像 沈黙の肖像画』の出版によって、これらの肖像画は別人であるという仮設がでてきました。当然、美術史学会の反論が相次いだそうですが、その米倉氏の説を補強し、さらに壮大な構想を語る論者が現れたそうで、黒田日出男氏がその人なのです。西山先生は、このお二方に従い、一対として描かれたであろうこの伝頼朝・平重盛を、足利尊氏・足利直義兄弟に変更すべきだと思うと書かれていらっしゃいます。これには訳があります。米倉説の論拠の一つに、1345年4月23日付けの「足利直義願文」によると、願文に添えて2種類のものを神護寺に納めたそうで、一つは権者(※仏などが衆生を救うために仮の姿で現れたもの)直筆の阿含経内の1軸。もう一つが「征夷将軍」と「予」、つまり彼ら兄弟の一対の肖像画を奉納したと書かれているのです。
西山先生は、この向き合っている二人の肖像画の間に空白がある事をさらに推察されていらっしゃいます。
兄弟、遥か龍華三会にお互い立ち合おうではないかと。そこには未来仏としての弥勒が降臨されるはずだから。。。と。龍華三会については、前号(5月号)にも出てきましたね。弥勒菩薩さんは、56億7千万年後にこの世に降臨される未来仏だそうです。
義直は、尊氏と室町幕府を開き実権を握ったものの、兄と不仲になり、鎌倉で死去しています。そうなると、兄を思う弟の気持ちとしても繋がるようにも思えませんか?
『源頼朝像 沈黙の肖像画』は読んだ事はありませんが、読みたくなりました。   北村さゆり拝

もっと詳しく読みたい方は東海道新幹線グリーン車に『ひととき』は備えてあります。
お持ち帰りokだそうです。(^^)
肖像画の騙り-1

 

─ 2016年5月20日(金)

NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2016年6月号

NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2016年6月号の季語のカットを4点描いてます。

「黴(かび)」、「夏帽子」、「緑陰」(似て非なる季語達「緑陰」と「木下闇」)、「雨蛙」の4点。
「黴」はだれもが知っているものですが、さて挿絵にしようとしたとき、顕微鏡で見たことのある黴そのもので果たして句から読み取る気持ちを表現できるかが問題でした。なので、

馥郁と黴の香立てり母の家   草間時彦
黴の香の中に整理のはかどらず 稲畑汀子

テキストの例句からイメージできるカットにしました。昭和のダイニングルームです。カットだけをみると、かび臭くないかもしれないです。難しぃですねぇ〜。

カラー水彩で描いています。     北村さゆり拝

─ 2016年5月16日(月)

展覧会予定。

〜TOKYO RIMPA 涼風献上うちわ展〜
2016年6月13日(月)〜22日(水)於;銀座一丁目、柴田悦子画廊
詳しくは、こちら→柴田悦子画廊

 

〜第3回 纜(ともづな)展〜
多摩美卒の6名による大作のグループ展。最終展。
2016年8月3日(水)〜8月22日(月)
尚、9日は16時まで。10日はお休み。

開始;日本橋高島屋6階美術画廊・・・8月3日(水)〜8月9日(火)
巡回;新宿タカシマヤ10階美術画廊・・・8月11日(木)〜8月22日(月)
(4/28追記)会期が変わりました。↑これに決定しました。
第1回展の様子 → ★
第2回展の様子 → ★

 

─ 2016年4月28日(木)

月刊誌〈ひととき〉5月号の挿絵。

『ひととき5月号』連載中の西山克先生の「中世不思議ばなし」の挿絵です。

歴史資料から読み解く西山先生の不思議話は興味深いものです。
今号は【龍華樹 56億7千万年の愉楽】

〜夏芙蓉の白い花が咲き乱れると、その甘い香気に魅き寄せられるように金色の鳥たちが群れつどう〜から始まる今回の西山先生。
それは、20年前のお父上のご葬儀の際、もう二度と会う事ができないと感じた時のこと。夏芙蓉を感じ、先生ご自身の中に一本の樹がたちあがり、それが金色の鳥達を宿らせているかのように見えたそうです。樹の名前は“龍華樹”。また、弥勒菩薩とは別名“未来仏”。56億7千万年後に釈迦に次いで仏陀になる事を運命付けられています。弥勒は龍華樹のもとで悟りを開き、三度の法会を開くきます。これを「龍華三会」と言います。
昔は、“お経”は自分の死後を守るためにも重要だったと言うことが、今回の章からわかります。
6万部の法華経を読誦したかったけど、半分誦えた所で死んでしまった僧は、骸骨になっても苔が生えても最後まで唱え続けて、弥勒菩薩の住居に行きたかったとか。
藤原道長は、自ら写したお経15巻を銅箱に収めて地中に埋め(1007年)その上に金属の灯籠を立て56億7千万年間火を灯し続けるべくものとしてあったとか。ただし、道長自身は、臨終後は極楽界から法会の場に詣でたい、と書いてあるそうです。

私は、父を亡くした時、悲しくて悲しくて、お墓に入りたいほどでした。慰めは何も効かず、”時薬”に頼るしかなく、ひたすら単純な事に集中するより他ありませんでした。その年は、個展が3つ、グループ展もいくつかあったので、絵を描く事でやり過ごせましたが、絵がなかったら“お経”を書きたいと思っていました。“お経”の中に父がいると思えたからです。今から17年前の事です。  北村さゆり拝

〈ひととき〉は、東海道新幹線のグリーン車に備え付けの月刊誌です。
お持ち帰り、オーケーだそうです。(^^)
56億7千万年の愉楽

─ 2016年4月22日(金)

柴田悦子画廊/二十周年記念展・春編。

柴田悦子さん、20周年おめでとうございます。20+1
お世話になっている作品達が、柴田悦子画廊の壁を埋め尽くします。

【二十周年記念展・春編】
ー今日まで そして 明日からー

会期;2016年4月21日(木)〜30日(土)会期中無休
時間;12時〜19時(日曜18時まで。最終日は17時まで)
会場;柴田悦子画廊・・・こちら→
・・・・23日(土)午後6時より 記念田対談
《野地耕一郎(泉屋博古館 分館長) & 仲山計介(画家)》
TEL;03-3563-1660
住所;東京都中央区銀座1-5-1 第3太陽ビル2F

※サムネールをクリックすると、出品作家名、悦子さんのメッセージ、地図がみられます。
20    20-1 

─ 2016年4月20日(水)