曼珠沙華/2013

KITAMURA Sayuri.jp

NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年3月号

NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年3月号NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年3月号 →
兼題「薄氷」、「椿」、「春寒」
の3点を水彩絵の具で描いてます。
「春寒」は、冬真っ盛りな絵になってしまうのを避けなければならなかったのが、難しかったです。
そこで、星野立子の「春寒し赤鉛筆は六角形」をそのまま絵にしてはどうでしょう?と、担当者さんからのアドバイス。高齢の私の母が元旦に転けちゃって、しばらく寝ていたので、モデルをしてもらいました。立子の辞世の句というのが、その時の私にはひっかかりましたが、今、母は元気に過ごしております。大事に至らず幸運でした。
兼題のページには白黒で載っていますが、原画はカラーです。テキスト目次は、カラーで使用していただいてます。ぜひ、ご覧ください。

─ 2019年2月15日(金)

『サライ』2019年3月号「半島をゆく」の挿画

『サライ3月号』の「半島をゆく」(p107~110)文・安部龍太郎、解説・藤田達生、挿画・北村さゆり。
第17話。西彼杵・島原半島ーその②「イエズス会領長崎」
日本でのイエズス会は、ルイス・フロイス等によって始まったそうです。まさに上陸した地について書かれています。反キリシタン勢力も強く、なかなか辛い歴史であります。現地取材では、悲しくも辛い資料とたくさん出会いました。私はこれを機に、遠藤周作の『沈黙』を読んでみようと思います。
藤田先生の解説と、北村さゆりの取材スケッチと雑感は、こちら→ サライ.jpをご覧ください。

─ 2019年2月12日(火)

NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年2月号

NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年2月号NHKテレビテキスト〈NHK俳句〉2019年2月号 →
兼題「蜆(しじみ)」「梅」、「土筆(つくし)」
の3点を水彩絵の具で描いてます。
今号は、捻らずストレートに描ける兼題でした。「梅」は何度かカットにしたことがあったので、今回は古木の梅にこだわってみました。
兼題のページには白黒で載っていますが、原画はカラーです。テキスト
目次は、カラーで使用していただいてます。ぜひ、ご覧ください。

─ 2019年1月13日(日)

『サライ』2019年2月号「半島をゆく」の挿画

『サライ2月号』の「半島をゆく」(p83~86)文・安部龍太郎、解説・藤田達生、挿画・北村さゆり。
第17話。西彼杵・島原半島ーその①「沈黙の横瀬浦」
台風が迫っていた前日でした。挿画は、長閑な横瀬浦に浮かぶ八の子島。
藤田先生の解説と、北村さゆりの取材スケッチと雑感は、こちら→ サライ.jpをご覧ください。

─ 2019年1月11日(金)

《新春絵画展》のおしらせ。

「Amaryllis」 F8号

〈新春絵画展〉
2019年の干支である猪をはじめ、新春を寿ぐ花々や富士などのほか、物故作家による逸品から現代の人気作家まで、油絵、日本画30点余を集めてご紹介いたします。是非この機会にご高覧賜りますようご案内申し上げます。     シルクランド画廊

会場;シルクランド画廊
会期;2018/12/24〜2019/1/12   最終日は5時mまで。
?////////??12/31〜2019/1/3はお休み
///(11:00〜19:30 土日祝は18:30まで。)
住所;東京都中央区銀座6-5-11 第15丸源ビル1階
電話;03-5568-4356


サムネイルをクリックするとフライヤーが大きくなり、画廊の地図もあります。

─ 2018年12月21日(金)